そもそもスムージーって一体何なの?

ほうれん草や紫蘇などの緑色成分を含んでいる野菜に、フルーツと水を加えて、ミキサーなどで混ぜ合わせた健康ドリンクがグリーンスムージーです。健康維持に欠かせないビタミンAやB軍群、ミネラルや食物繊維等がバランス良く配合されているだけでなく、吸収効率が良いことが特徴です。20世紀末にアメリカで考案されたこのドリンクは、約15年ほどの時を歴て日本でブームになりつつあります。

 

普通の野菜ジュースは、繊維質を取除いてのどごしを良くしますが、グリーンスムーザーは健康効果を期待して飲むものなので、全て残さず摂取することが基本です。吸収効率が落ちることから、牛乳やヨーグルト及び豆乳は原則として使用しません。

 

グリーンスムーザーは、旬の緑葉野菜とフルーツを組み合わせることで、多くのビタミンやミネラルを摂取出来るだけでなく、飽きずに長く楽しむことが出来ます。たとえば春であればレタスと苺、秋なら水菜にみかんを組み合わせるといった具合です。

 

1日に飲むべき量は約1.5リットル前後と言われていますが、慣れないうちはコップ一杯から始めて、ゆっくりと習慣化させていきましょう。